PROFILE
PLEASE READ BY ALL MEANS.
〜 必ずお読み下さい 〜
・お知らせ
当ブログはリンクフリーです。
ですが、
リンクしてくれた時は、
コメント頂けるとうれしいです。

・お知らせ
管理人にて不適切だと判断した
トラックバックやコメントは、
削除させて頂きます。ご了承下さい。

・お知らせ
MONSTER HUNTER / モンスターハンターは (株)カプコンの登録商標です。
また、
当ブログに記載されている
画像、その他データ類の著作権等は全て
(株)カプコンに帰属します。
『(C)CAPCOM CO., LTD. 2008 -
2009 ALL RIGHTS RESERVED.』
CATEGORIES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
<< Sleeping Beauty
〜眠れる火山のフェイト〜
| main | リンゴ狩りに行こう♪ 〜緊急灰ラオ祭り!!〜 #1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
災厄降臨!〜ミラバルカンを討て〜
1

なかなか、現状に追いつけない・・・・当狩猟録(-"-;)

遅ればせながら・・・・・

10月14日(日)〜10月17日(水) の期間に行われたイベント


○○『  』


の狩猟録をお届けします!!



※ 注 ※
実際のゲーム進行状況と狩猟録掲載内容には、若干の時間的ズレが生じております。
ご了承下さい。
もう少しで・・・追いつきそう!?






イベントでのみ相対する事が出来る『 ミラバルカン 』、別名で『 紅龍 』とも呼ばれている存在。

黒龍『 ミラボレアス 』の亜種にあたる存在なのかと思っていましたが、
クエスト選択画面では、“ ミラボレアスの討伐 ”と表記されており、
クエスト依頼者のギルドマスターの言葉等から推察すると、
火山地帯で力を蓄えた同一の存在の様子。

『 ミラバルカン 』と言う名前は、装備名から区別の為に付けられた名前だという。

ただ、その行動パターンや戦闘の舞台となる場所に大きな違いがあり、
実際に戦うわたしたちハンターにとっては、全く別の存在と識別しても差支えが無さそうw

『 ミラバルカン 』との戦闘の舞台は、“火山地帯”

1

クーラードリンクが必須と言う訳ですね♪
今回、わたしは『 暑さ無効スキル 』にて参加しましたw



イベント期間中は、様々なエリアで『 イベント同行者募集 』街があり、
基本的には、4人パーティーで戦闘に赴くようでした。

2

わたしもそんな街の一つに飛び込みで参加させて頂きましたw


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

実際に黒龍『 ミラボレアス 』とどこが違うのか・・・・少し整理し、
わたしなりの対処法みたいなものをご紹介させて頂きます。
少しでも戦闘の参考になるようでしたら、うれしく思います。(参考にならない可能性大w
※ 攻撃名称は、整理する為に勝手に付けました。



※ 急降下攻撃

3

超高度から急降下攻撃をしてきます。
視界に収まらない程、上空に上がりますので空中ブレスとの違いはすぐにわかります。
上昇して行くときの向きに急降下して来るので、その向きさえ覚えておけば回避は容易です。逆にリロード、砥石、回復等のチャンスとする事が出来ますね。


※ 低空飛行突進

4

向いている正面に低空飛行で突進してきます。
黒龍『 ミラボレアス 』の這いずり突進に当たる攻撃パターンかと思われますが、
移動速度が早いので、正面に立っての不用意なリロード等をすると回避が間に合わない場合もあります。
ですが、正面の軸を外しておけば、急降下攻撃と同じく回復等をするチャンスとなります。
「 正面に立ってはいけない! 」 黒龍と戦う時と同じですね。


※ メテオ!!

5


雄叫びと共に 複数の隕石?と思われる物を降らせてきます。
一番死亡確率が高い攻撃だと思います。
画像ですとわたしの右の地面が光っています。ここに隕石が落ちてきます。
黒龍 『 ミラボレアス 』 との一番の違いかな?と個人的に感じる攻撃です。
わたしが見て取った感じですと、メテオは、下記の 3パターンがあるように感じられます。

1:自分(紅龍)の回り
2:中距離
3:遠距離
落とす隕石数は、4〜5発。

近接武器の場合、安全地帯があるので回避は容易ですが、
距離を取っているガンナーには非常に危険な攻撃だと思います。
距離感をお伝えするのが、難しいですが・・・・
紅龍の少し前方で正面に立たず、右か左に軸をずらすと当たりずらいと思います。
中途半端な距離が一番危険です。

すぐに出来る対処法として・・・・参考までにどうぞ
1発目に集中して絶対回避!!3パターンの内、どれかを判断します。
全然違う場所に落ちているようだったら、気にせず行動!
自分の近くに落ちているようだったら、隕石が落ちた所に移動するのが良いと思います。
なぜなら、一度落ちた所にはもう隕石は落ちないからです。
※ 間違っていたら・・・・ごめんなさい>△<


後は、“ ネコパンチ ”みたいな攻撃がありますが・・・・
それ以外では、黒龍『 ミラボレアス 』との大きな違いは無いかと思います。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

続いて・・・・
パーティー戦でのベーシックな戦闘方法の紹介

パーティー戦では、剣士1・ガンナー3 や 剣士2・ガンナー2 の組み合わせが、
全部位を破壊するのに適しているようです。

まずガンナーにて『 紅龍 』を麻痺状態にして、

7

剣士にて、 角 及び 眼 を破壊します。場合によっては 翼 を攻撃。


その後、


ガンナーは 拡散弾 を使用して、

8

胸 と 翼 の破壊を目指す。

この方法がベーシックのようですね。

最初の 麻痺弾 を出来るだけ、 翼 に当たるようにしておくと 拡散弾 での 翼 破壊が
楽になります。
ダメージの与え方によっては、 翼 が破壊される前に
『 紅龍 』を討伐してしまうケースも少なくないようです。

注意点として、
『 紅龍 』は一定ダメージを与えると身体が 硬質化 する様なので、
角 ・ 眼 が破壊されるまでむやみにダメージを与えないほうが良いようです。

貴重とされる素材は、部位破壊報酬のみの入手となっているようなので(確定では無い)、
パーティ−を組んだメンバーが、 討伐目当てか 、 素材目当てか 等で遊び方が大きく変わると思います。
何が目当てのパーティーなのか、どの素材を求めているのか等を
事前に打ち合わせておくと要らぬトラブルを回避出来るかと思います。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

postscript 〜 おまけ画像と感想 〜

イベント期間中・・・・
何人ものハンターを相手にして、何度も討伐されたであろう
紅龍『 ミラバルカン 』さんとの会話 (もちろん妄想w)

11-1

大変お疲れ様でした♪


感想

先ず、今回の狩猟録・・・・
少し攻略のようなものを書き記そうと頑張ってみましたw
何かの参考にして頂けるとうれしく思います。

本題はこっちw

今回のイベントで一番感じたことは、多くのハンターとの出会いが会った事。
普段、あまり飛び込みをしないわたしにとって、コレはすごく貴重な期間になりました。
貴重な素材なだけに 出来るだけクエストに参加しようとする意識がそうさせるのか・・
4人街になるまで次々にハンター達が訪れます。
もちろん、その場限りでお別れするハンターがほとんどなのですが・・・
中には、意気投合出来る方もいてw
今回、うれしいことにそんな方とわたしも出会えることが出来ました。

今回のイベントで、わたしにとって一番の報酬は・・・・・

フレハンターが出来たことウィンク

皆さんにも良き出会いが訪れることを祈りつつ・・・・ぴかぴか

それではw

Fate / フェイト
| ミナガルデ狩猟録(MHG) | 18:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:50 | - | - |
コメント
初めまして、
時々覗かせて頂いている者です。

画像付きでわかりやすい、解説参考になります。
前回のイベントでは、散々でしたので次回にて実践したいと思います。

今後も楽しみにしてますので、頑張ってください!!
| へたれハンター | 2007/10/24 3:34 PM |
>へたれハンターさん

初めましてw
わ、わかりやすかったですか?(少し疑問w

でも、何かの参考にして頂けたら、うれしいです。
これからも狩猟録よろしくおねがいします>▽<

街(ミナガルデ)で見かけたら、声をかけて下さいね。
| フェイト | 2007/10/24 6:25 PM |
私のメテオの避け方を載せますねw(遅っ)
まずは武器ですが、もちろん出したままでいいです♪
次に、駆け回ることはせずにジっとしておきます。そして地面が光ったら×ボタンを押して回避ですw
運が良ければ生き残れます!♪
駆け回らないっていうのは、逃げてるときにメテオをくらう人もいるってことでw
参考になればいいのですが^^;
機会があれば一緒しましょうねw見かけたら気軽にお声をw
| KO2 | 2007/10/25 10:26 PM |
>KO2 さん

お久しぶりです♪
そうですね。メテオは、変に走り回ると逆に危険な場合も
ありますよね。

直撃を回避しても、余波で即死してしまう・・・
ってところが、恐らく『 運 』と表現されているのでしょうねw

またご一緒できることを楽しみにしております♪
| フェイト | 2007/10/26 6:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://enjoy-fate.jugem.jp/trackback/50
トラックバック